「AI-Checker」ではREITの公開情報やロードスターキャピタル株式会社独自の不動産情報等からなる大量のデータを利用して、
人工知能(AI)で様々な角度からオフィスビルのキャップレート、そして不動産の価値を算出します。
査定結果は、ロードスターキャピタル株式会社の投資の意思決定における重要な指標の一つとして利用されます。
人工知能(AI)を活用したロードスターキャピタル株式会社の投資意思決定プロセスをご理解いただき、
皆様の不動産情報をご入力くださいますようよろしくお願いいたします。
また、個々でお持ちの不動産について投資判断をされたい場合は、個別にご連絡くださいますようお願いいたします。

「AI-Checker」とは、ロードスターキャピタル株式会社が開発を進めている、不動産の価値を算出する人工知能(AI)システムです。
不動産を中心とした様々なデータを人工知能(AI)に習得させ、日々成長し続けています。当初は、東京に所在するオフィスビルのキャップレートの算出にフォーカスし、ロードスターキャピタル株式会社がオフィスビルへの投資をする際の投資判断基準の一つとして使用しています。

「AI-Checker」では物件のデータを入力すると、人工知能(AI)がキャップレートを算出します。
査定されたキャップレートと収支データをもとに、不動産価格を算出し、ロードスターキャピタル株式会社の投資判断における一つの材料とされております。
物件に関するデータを随時蓄積し、情報を学習することで、より正確なキャップレートの算出を目指しております。

未来の「AI-Checker」

「AI-Checker」は、多くの方々に利用されるほど、どんどん成長していきます。
既に取得している物件の情報だけでなく、企業や個人でお持ちの情報を入力していただければ、
より多くの様々な物件に対応していけるよう人工知能(AI)は進化していきます。
今はまだ産声を上げたばかりの「AI-Checker」ですが、
例えば1年後、3年後、5年後には「AI-Checker」が
不動産投資の指標として当たり前のように利用されるようになることを期待しています。

お問合せ